読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

セロトニンを増やす ~リズム運動

体がだるくても、出来そうな運動として、歩くことがあります。歩くことをリズミカルに行う(リズム運動をする)ことで、うつ状態に対抗する「セロトニン」という物質が、体内で作られやすくなるそうです。

 リズム運動とは?

歩くとき、少し意識して歩くと「リズム運動」ができます。

「いっち、にー。いっち、にー」

腕をテンポよく振って、リズミカルに20~30分くらい歩くだけ。運動といっても、走ったり飛び跳ねたりとかじゃないので、身体のだるい時期にも比較的とりくみやすかったです。

 歩く距離

わたしは、自宅からひとつ先の駅までを、2日に1度あるいていてました。(毎日するには、からだがしんどかったので。)googleマップでみてみると、2.8kmくらいの距離でした。(自分の感覚では30分弱だったとの記憶でしたが、マップでは35分と表記されました。)

歩く時間帯

朝歩くと気持ちいいかもと思ったけれども、会社に行けない自分が、サラリーマンの出勤を見るのがしんどかったので午後3時ころ出発してました。

帰宅するのは、到着した駅から電車に乗って1駅戻っていたので、4時前には帰宅できていました。

午後5時過ぎると、またサラリーマンが増えてきて、わたしの気分がしょんぼりするので、その時間帯は避けていました。

また、おひさまの光を浴びることも目的の一つだったので、夜暗くなってから歩くのは避けました。

あるきかた

音楽を聴きながら歩いてたのですが、音楽の中の世界に入りこんでしまうようで。音楽の中の世界に入り込んでしまうと、セロトニンを増やせ!というわたしの思いが細胞に伝わらないきがしたので。掛け声かけながら歩きました。

「セロト、ニン、増え、ろー(セロトニン、増えろ)」

「わった、しー。げ、んきー(わたし、元気)」

うでを軽く振りながら。リズミカルに。あたまのなかで掛け声かけながら。

呼吸は足の運びや腕のリズムと合わせながら「すっすっ。はっはっ。(吸って、吸って。吐いて、吐いて。)」

 

晴れの日、曇りの日は、リズム運動を実行。雨の日は、雨の止んでる時間を狙って、歩きました。土砂降りの日は、歩かない。そんな風に、ゆるりと続けました。

リズム運動のわたしへの効果 ともっとしんどかった時期の運動?

これを取り入れから、少しずつ、元気を取り戻したように感じます。

といっても、ほんとうにしんどかった時期は、そとにでることさえ難しかった。外に出ることが難しいときは、ベッドの上で体を休めることを優先していました。頭も休めるために、テレビや音楽も止めて、耳栓を付けて。家の中でできるマッサージ(といっても、からだをなでなでするだけ。)をしていました。