vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

帰る場所

外に出て、がんばりすぎるくらい頑張ってきた日に

「おかえりなさい」の声をきけると安心できる。

そこは、外とは違うゆったりとした時間が流れている。

外で我慢してしまっていたことや緊張してきたことから、少しずつ解放され。

深呼吸ができる、おだやかな時間を持ち、素のじぶんに軸を戻すことができる。

 

リゾート地でぼんやり過ごす時のような、

夏休みを過ごしたいなかの隠れ家にいるような。

独特で ゆったりとした時間の流れ。

 

帰る場所、おだやかな時間を持てる場所を増やせれば、

日々、忙しく(心を亡くして)がんばりすぎてても、素のじぶんに戻りやすくなる。

そんな場所を作りたいと思って、具体的な方法を考えています。

 

おかえりなさい、と迎えて…

帰ってきた方のおはなしを聞く場所。

お茶を一緒に飲む場所。

なにか、ものを一緒に作ってもよいし、

ゆっくり出汁とってみた味噌汁とごはんで、ごはんを一緒に食べるのもいいだろう。

 

そして、また。

外へと出かけていく前に。

いってらっしゃい。ありがとう。って ハグをして送り出せるような場所。

来てくれた人と、一緒になって泣いたり笑ったり。できる場所。

 

それが、わたしにとっての「帰る場所」

あたたかく迎えてくれる、誰かがいてくれる場所。

全てを受け入れてもらえる確信を持てる場所。

 

「帰る場所」があれば、きっと。

帰ることを思い出すだけで、人は笑顔でいられるのではないだろか?