vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

祈りの動作

祈りの動作についての考察。
祈りの内容そのものではなく、祈るときのしぐさや動きのこと。

世界中に、いろいろな方式でのお祈りがあります。
手を合わせて、目を閉じる。
かみさまにことばでよびかけつつ、手を握りこむ。
踊りやうたを神様にささげる。

道具を使う時もある。
祈りの間に、音を出す(鐘、太鼓、ドラなど)。
経を唱えながら、マニ車をぐるぐると回す、数珠を繰る。


祈る動作の静と動

祈る動作には、静と動の2種類があるように感じる。
静:じっと、内側を見つめつつ、かみさまを思い浮かべて祈る方法
動:動きをつけて内側をあふれださせつつ、かみさまへ届けと祈る方法

自分の内側に激情があるときの祈り

穏やかな自分に戻るために、自分の内側をみつめる静かな祈りもいいでしょう。

でも、ときには。激情に任せて自分を表現するような動の祈り。
繰りだす動作をしながら、繰り返しながら祈ることは、
こころの激しい渦巻きが動作として放出されることで、落ち着きを取り戻しやすくなるのではないか?
そう思ったのでした。

力が有り余ってる系のもやもやがたまったとき、今度試してみようと思います。