読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

力を抜いていいんだよ

大きく深呼吸しよう、もしくは、細く長い息をしよう。

身体をほぐして、力みを取ろう。

 

あなたは、もう、知っている。どこへ進むか。

知らない気がしていても、知らないことにしているだけ。大丈夫。

ゆっくり周りを見渡して、少しずつ近づいていこう。

 

少しずつ歩いたその先で。ふと、気づくと在りたかった場所にあなたは立つ。

 

~~ 以上、reading内容

力を抜くこと

力を抜くことは、弛緩すること(ゆるむこと)だと思っていました。

スポーツ選手のインタビュー記事を読んだり、ビジネス書での集中の概念を読んだりするうちに、力を抜くことは「力み(りきみ)をとること」だと理解しました。

力が入っていると、必要以上に体が強張り、イメージしているように体を動かしづらくなります。体を動かしづらいっということは、表情にもこわばりが出ること、こころにも違和感を感じるもとになると考えています。

高パフォーマンスを保ちたいときほど、自分の体から力みをとることを考えています。体を軽くほぐしたり、瞑想呼吸をとりいれて体の様子を確認したり。そうすると、頭の中までクリアになったように感じられ、いつもよりいいスタートを切れるように思っています。