読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

夏のおかず

夏は汗をかくし、水分がからだから抜けるから。きゅうり、うりで体をさましつつ水気を補給。

冷蔵庫から出したキュウリをさっと洗って、梅干しペーストや塩を付けてかじるのみ。

水や麦茶をたくさん飲むより、のどの渇きが止まるのが早いように思います。

おかずだと、シソを刻んで、きゅうりやうりと塩もみ。が好き。あつくて、いまいち食が進まなくても、薬味の効果で少し食べやすくなる気がします。

シソの葉の香りの効果で、気の巡りを補うことができるそうです。

 

でも、冷房の中で冷えてだるくなってしまう夏には、とうもろこし。涼しいオフィスで、お茶を飲みすぎてなんとなくむくんだり、だるくなったり。

韓国食材屋さんなどで手に入るコーン茶(ともろこしのひげのお茶)を常温で飲むのもいい気がします。

また、ごはんの時には、とうもろこしの汁ものとか、いかが?

出汁の中に、生とうもろこしの実を包丁でこそげて入れて煮るだけ。味噌汁にしてもいいかも。

とうもろこしごはんもすき。

白米をたく際に、生トウモロコシをぽんと。外の皮をむいただけで一緒に1本入れてしまう!

炊きあがってから、トウモロコシの実を包丁などではずし、ご飯に混ぜ込みます。

いろどりに、青じそ千切りのせて。

 

夏は暑いといっても、その日その日の過ごし方によって。

身体が欲しいと思う塩気や水分量も変わってくるから。

「きょうは、どんな感じ?」

自分の身体におうかがいを立てて、食べるものを決めることも楽しい時間。

 

最近のトウモロコシは、甘みが増えて。なんだか、しらない野菜?のようです。

f:id:vivere_carpediem:20160718214339j:plain