vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

安心できたら、美しく在れる

わたしのこれまでの勘違い

美しさは、許可が出ないと手に入れられない

社会的に許された人だけが「美しい」ことを追求できるんだ。

美しさに気を配ることはオプションなんだ。

わたしは、おとこでもおんなでもない。
どちらの境界にいて、どちらにもなれない。
だから「美しさ」に気を配ることは、不相応なことなんだ。

 

今思うと、不思議な納得をしたものだと思いますが、

小学生以降およそ30年間はそんな生き方をしてきました。

 

外見に気を配るなんて(そんなことに時間を取られるなんてありえない)。

いまは、勉強する時でしょう。

病気な状態の治療が先でしょう。

いまは、「何をするべき」ときなの?

 

そして、美しさではなく、賢さを目指す

美しさは、内に宿るものだから「賢くあること」が必要で、

外側の美しさの追及は必要ないんじゃない?

どちらか、ひとつしか選べないのだから「賢さ」を選ぶ。

 

そういう環境に置かれていた(と感じていただけかもしれません)

わたしは、「美しさ」ではなく「賢さ」を目指す必要があるんだと理解しました。

うっかり、美しくありたいと表現してしまうと、

わたし自身に身の置き場(居場所)がなくなるのではという不安を持っていました。

 

ひとつにきめなくていいんだよ

でも、最近。

賢さも美しさも。

どちらも、手に入れていいのでは?

と思えるようになっている自分に気付きました。

もう、安全な場所に出られたという気持ちがして、ほっとできたから。

 

わたしのなりたい「美しさ」を表現するには、

わたしが思うところの美しい生き方を実践できるだけの「賢さ」が必要。

自分が楽しい日々を送れる知恵としての「賢さ」と、

楽しく感じられる分の「美しさ」とがあるほうが、

より楽しく暮らせそう。

どちらも手に入れて、賢く美しく暮らそう。

こころおきなく、のびのびと。

賢く美しいわたしでいよう。

そう決めたら、暮らしの輝度が上がったように思います。

 

安心が増えると他へむけるエネルギーのゆとりが増える

自分のこころや身体に「安心」できていないときは、

安全確保が一番で。

とにかく、安心な状態を作り出すことにいっしょうけんめい。

 

「安心」できてようやく、

「美しさ」「賢さ」のような

「なりたいわたし」にむけての行動にむかうエネルギーが

確保できるのではないでしょうか?

 

まず、安心できる状態へ自分がたどりついたら。

「美しくありたい」きもちを表現することが気楽になれます。

 

「美しくありたい」ことを表現するためらいがあるときは、

「安心できる環境を作るには、どうしようか」と考えてみると、

近道になるかもしれません。

 

安心の作り方

自分自身のこころや身体をゆだねてよいと思える

施術者さんやカウンセラーさん、友人や家族を増やすこと。

これが、近道だったように感じています。

 

そのうちに、

自分自身のこころや身体を「信頼」できるようになること。

自分が、自分のいちばんの理解者で応援者である状態。

こうなったときが、

自分が最もそのままの状態でいられて「安心」できる環境なのではないでしょうか。

 

じぶんから「安心」を作り出そうとするのではなく、

環境を整えていくことで、「安心」が生まれる。

 

そして、安心な環境ができたら、

「美しく」、あなたの魅力が開いていくことでしょう。

 

 

花は時がくれば、おのずと咲きます。花にあった環境のなかに生きていれば。

f:id:vivere_carpediem:20160719085019j:plain

★いつものメニュー。

セッション

・真呼吸コンサルタント
 ご自分がおもちのエネルギーをニュートラルな状態に保ちやすくするため、
 これからの行動や環境づくりのご提案により、
 素の自分を生きるための再調整をお手伝い。
 ◎体験版 【50分】10,000円
 ◎3回コース 【初回90分、60分×2回】35,000円 ☆感謝価格実施中☆
 ◎初回【90分】18,000円 ☆感謝価格実施中☆
  2回目~【60分程度】10,000円☆感謝価格実施中☆

・そら(宇宙)からのメッセージ
 
あなたに重なるそら(宇宙や潜在意識からのメッセージ)を読み解き、
 行動指針の検討材料をご提供。
 ◎対面【45分】10,000円☆感謝価格実施中☆

プログラム
・"作る"シリーズ 健やかさを支える菌との共存をめざし、一緒に作る。
・お食事会(ランチ会、お酒会)
・素敵な方のご紹介(会) これが身についたら嬉しい、をご提案。

 

セッション可能日[2016-8月後半] - vivere

お申込みページ

お申込みページ▼はこちら

田村 洋子 @vivere セッション等のお申込み