読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

空気に溶け込む感覚が続くと、楽かもしれない

自分がここにいないとき。

ただのエネルギー(意識)になっている。

”わたし”というかたちはないけど、わたしの感情だけがそこにある。

空気の中に透明に溶け込んでるような。

けれども、確かにここに”わたしの感情”がある。

その状態で居たい。

 

気づいたら、かってに”わたし”が飛び出ていたことはないでしょうか?

それは、どんな時だったでしょう?

 

それがわかるときが、自分の解けたときかもしれない。

個であるのだけれども、おおきなものの一部である感じ。

 

そらの中に溶ける

f:id:vivere_carpediem:20160721225857j:plain