vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

夏に見る夢2

小さいころから、夏に見る夢がある。

数夜連続(たまに、あいだ2-3日あくことも)で、

最終夜はダイジェスト版。数夜分の夢を1夜で連続してみる。

 

vivere-carpediem.hateblo.jp

その後、今年も夢が完結した。

同じ夢をやはりみていたのだけれども、いつもの登場人物としての視点のほか、

無事を願って、夢の中で会う人たちの苦しみが軽くなりますようにと願いながら、最後に亡くなってしまうまでをみた。

 

今年は、夏バテしなかった。

ちょうど、低空飛行の機銃に追いかけまわされるシーンを見ることには、スイカときゅうりでしのぐ数日がやってくるのだけれども。

まったく、いつもどおり。

 

見たシーンは同じで。死んでいったわたしの無事も、こどもの無事も願っていたのだけれども、結末が変わることはなかった。

夢分析してみた

夢分析では、出てきた形やモノに重きを置かず、感情に着目していく手法があるそうだ。夢の中に出てきた事柄を、その時に感じた感情だけに置き換えてみるそうな。

その手法に基づいて、始まりの夢と続きの夢を分析してみた。

<はじまり>の夢を分析してみよう

わたしは、自由を奪われたと感じ、悲しさと寂しさの先に、あきらめをみた。

一方で、何かを生み出したいと思った。

 

自分がこのような感情を抱く事象は、「わたしが女性であることに持っている違和感」ではないだろうか。それなのに、「女性であることを願っている」。

そして、分離し相反する思いをもったまま、その思いは継続する。

⇒ この解釈は、まだ何となく自分で納得いくようにおもう。

<続き>の夢を分析してみよう

気持ちいい。自分はいろいろなものをひきつれて身動きがとりづらいけど、それを手放す気はなく、心地いいと感じている。

焦っているのだけれど、まだ少し安心している部分も持っている。恐怖がやってくるけど、希望を捨てていない。

左わき腹に痛みを感じ、ほっとしている。引き連れていたものをおいて、ほっとしている。

 

この感情のつながりをどうしよう?

なにか執着していることがあれこれあるのだけれど、それを心地いいと感じている。

そのうち、焦ったり恐怖したりするのだけれども、未来が良くなると信じている。

自分が痛いことと、終着を話す正当な理由ができたことにほっとする。

⇒ なにを心地いいと思っているか。何を、手放したかったのか。

自分で直感的に出てくるのは、先祖代々の呪いのイメージ。

なぜ、呪い(のろい)かわからなけど、呪いを手放す正当な理由が出てほっとする。そんなイメージかな。

でも、結局残ったわたしの思い

あれこれ、分析して。どんな思いが入っているかを見てみることも、ときには要るかもしれないけれども。

映画か小説の中のイメージのようにとらえてみたら。

すべてが平穏で居られますように。

その思いが一番強く残った。

 

これからも、何度も同じ夢を夏になるたびに見続けるかもしれない。

それでも、これからは子供の無事だけではなく、撃たれていったわたしの無事も一緒に願い続けると思う。

 

ここにある、すべてが平穏で居られますように。

望む環境で、みなが過ごしてゆけますように

f:id:vivere_carpediem:20160725211627j:plain