vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

まえは多数、後ろは一つ

選びとる道は、都度、

あなたの未来へ向かう 今の選択。


えらんだとき。
そこにあった他の道は消え、選んだ道だけが残る。
その先にも、また他の道が出る。

ひとは、都度。道を選び すすむ。

後悔はないか?

全力で 自分を選んでいるか?

 

~~~以上reading.
八幡さまの木の声から。

都度、決めること

ひとが日常を過ごす時、常に様々な選択をし決断し続けている。

あなたが決めたとき。

そのときに可能性として並べられていたすべての選択が

あなたの決めたただひとつの選択のみを残し、消滅する。

そして、あなたの決めた選択の先に

あらたな選択の可能性が複数出現する。

 

ひとは一瞬いっしゅん。常に選択と決断を繰り返す。

その回数の多さ。

足元のみを明かりに照らすことに似る。

少し先にある行き先をきめていないと、同じあたりで回っていることもある。

 

分岐で行き先を決められないと、足はちっとも動けない。

迷う時間も必要かもね。

からだとこころと、そのなかにある自分のこえと。

しっかりきいて、感じて。道を決めよう。

何度も何度も選び続けて、決めて。

ひとは時間を進んでいく。

 

前に向かう多数の分かれ道も、後ろを振り返ると一本の道。

f:id:vivere_carpediem:20160723074508j:plain