読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

理解されたと感じると、そこに居場所ができる ~学校での居場所ができたときのこと

こころの取り扱い

学校のなかで、はじめにひとりの先生が理解してくれた。

それで、わたしは安心できた。

安心できたら、そこに居場所ができた。そして、その居場所は少しずつ広がっていった、というおはなし。

 

小さいころのわたし

いつも、きょろきょろしてる。落ち着きがない。

変わった子。子供らしくない子。問題がある子。

これが、小学生の頃におとなから言われていたこと。

 

授業中には隣の子に話しかけて怒られたり、眠りに逃げて笑われたり。

校内散歩にでて用務員さん(あ、いまはいないのかな)に捕獲されたりしてた。

学校の中にはわたしの居場所がないと感じていて、早く学校が終わるのを待っていた。

 

学校が終わったら、友達や妹と、家に戻らず畑や山や田んぼで遊んだ。それは、とても楽しかった。友達からは、変わった子といわれるが、あまり深刻に気にしたことはない。

わたしに落ち着きがない理由

落ち着きがないことについて、私なりには理由があった。

たくさんのものがそこにあって、たくさんの情報が流れ込んでくる。

すれ違うひとのきもちが、エネルギーとしてあふれてくる。模様や文字は色と光をだすし、樹や草や星のゆれるこえが音やひかりで視覚を通り抜けていく。

ありとあらゆるところに「声」や「色」があふれていた。

そして、今ある世界と重なるように、色と光と音が幾重にも重なって存在する。

 その世界は、学校の授業以上におもしろそうで。どうして、落ち着いて授業に参加していられる?

わたしの知りたいものは、そこにないのに。どうして、一緒に授業を受ける必要がある?

家族以外で見るはじめての理解者

落ち着かないのは声や色がたくさんみえるからで、学校の授業には私の知りたいことがない。

この話をはじめてまじめに聞いてくれた先生は、わたしが落ち着いていられない理由を理解してくれた。私は、少しほっとした。

そして、その先生には、あなたは授業を受けなくてもいい。けれども、授業を受けている「ふり」をする必要があるといわれた。

学校は、現実を生きるために必要なルールを勉強する・体験するための場所で、大人になるまでにそのルールを理解したほうが気楽に過ごせると教えてくれた。

 

先生はわたしの話をきいてくれたので、この先生の話も信じたいと思った。

そして、先生が言ったように、授業を受けている「ふり」を続けてみた。机に座って授業と関係のない好きな本を読む。先生が持ってくる本も週に2冊は読む。そうすると本を好きなだけ読んでいられるので、気が散ることも減ってきた。机のところで授業に参加するふりを続けるうちに、すこしずつ教室の中に居場所ができてきた。

居場所ができると、以前ほど、周りの大人から「問題がある子」といわれることも減ってきて、以前より気楽な学校生活を過ごせることになった。

そう思えたら、学校の中に居場所が少しずつ増えていった。

 

理解されたら、安心した ⇒ 安心したら居場所になった

じぶんを理解してもらえた。そう思ったら、安心した。

安心したら、そこにいてもいいかな、と思えるようになった。

理解してくれた人に、自分もこたえたいと思ったら、がんばれた。

 

これが、わたしの居場所ができた経験です。

安心できる場所でないと、そこを「居場所」として確認しづらいのだと思います。

そして、「理解者」の近くにいることで、安心ができて居場所ができるのではないでしょうか。

 

理解者を探すことが「居場所」につながることもあるよ。

理解者が増えていったら、居場所も増えていくよ。

いまは、そう思っています。

 

 

居場所増えたら、お気楽でいることが簡単になってきた気がする

f:id:vivere_carpediem:20160721225857j:plain