vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

デジタル沈黙からの復活

ふっはぁ~。久々のブログです。
先週8/28を最後に、今日でちょうど1週間ぶり。

 

自分に必要な情報の内容、適切な量を確認したかったから、

デジタル断食※1、デジタル沈黙※2を実施しておりました。

 

※1デジタル断食(ネットからの情報は全く読まないし、発信もしない)

※2デジタル沈黙(ネット情報を少しは読むけど、発信はしない)


沈黙していた1週間は長かったような、あっという間だったような。

 

デジタル沈黙をしようと思った理由

「たくさん知りたい」思いが勝ちすぎた

7月以降、生活のリズムを変えてから、

打ち合わせや電話の時間が減り、

人と会話する機会が激減したわたしは、

これまで以上にFaceBookTwitterに接する機会が増えていました。

 

たくさんのものごとを知りたい。

学習欲というのか、貧乏性というのか。

気になることは全部しりたくなってきて、
読んでいる途中にググったりするものだから、

読む対象がどんどん膨れ上がって、活字中毒者としてはうれしい悲鳴。

気が付いたら、自分に流れ込んでくる情報量が膨大に。

 

わたしが集めたい情報には、2種あります。

 

ひとつは、自分の知識欲をみたすための情報。

わたしの興味のままに、好きなように情報を集めて。

ふーん、そうか。あれはどうかな、これはどうかな。

好きなように読み進めていい情報。趣味の世界です。

 

もうひとつは、ほかの方へ手渡すための情報。

この先お会いするどなたかにお渡しする必要を感じるため、

情報の出てきた背景や使われる状況、

いろいろな角度から情報を読み解くようなイメージ。

レポート作成時の取材メモの下書きより、もっと手前の段階の情報。

こちらの情報たちは、

いつか、どこかでぽんっ!と出てくるお話になります。

 

フラクタルな環境が真理であるなら、

わたしの知人たちの興味対象は、潜在意識の示す興味対象。

ひとりですべてを発現する必要はないけれど、

すこしでも情報のかけらを拾っておけば、楽しいのでは?

 

そんな思いでみるみる忙しくしていました。

わたしは何するひとだったかな?

これまで積読(つんどく)だった本を読み、

久々に触れる心理学や哲学を改めて満喫し、

かみさまに呼ばれた~、と自然の中へお出かけし。

その体験を人と分かち合って楽しむ。

すべて楽しいのだけれども、行動の中に多少の無理も見えてきました。

 

どこまでが、わたしであるのか。

わたしは、何をする人だったのかな?

 

今、手元にもっているもの、流れ込んでくる情報のすべてを

一度、おろして。

再度、拾い集める作業をしたら、明確になるのでは?

 

...と思ったとき。

情報の受信だけでなく、情報の発信も考えたほうがいいなと感じたのでした。

 

デジタル断食の4日間

ネット情報はパソコンを使って収集してます。タブレット等は未使用です。

FaceBook等、一切のぞきませんでした。

というより、パソコンの電源すらつけてない状態。

 

緊急連絡は、携帯等でメッセージが入るため、

急ぎ具合に応じて、対応していきました。

 

活字中毒者であるわたしに与えられる活字は書籍のみ。

いつもより丁寧に書籍をよむことができました。

活字に、穏やかに向き合ったのが久しぶりに感じました。

 

適切な量以上に、日々、情報を入手していたことを実感しました。

 

これまでの6割くらいを情報入手したので、いいんじゃないの?

残りの余裕、ゆとりがないと、情報を組み上げるスペースが取れない。

 

そのように感じたので、今年いっぱいは、

ほかの方のために収拾したい情報を、わたしのアンテナで拾うのではなく、

わたしの師匠さんたちから与えられる課題関連情報をアンテナとして

拾っていくことと決めました。

 

デジタル沈黙の1週間

わたしに入ってくる情報を区切ったとき、

わたしの発信も、だれかのゴミになってないかなと感じました。

 

わたしの発していることばに、意図は存在しているか。

何を思って、発しているのか。わたし自身が明確に知っているか。

そう感じると、急に書くことが怖くなって、沈黙となりました。

 

 

だれに伝えたくてブログを書いているのか?

わたしは、どうなりたくてブログを書いているのか?

考える時間をもちましたが、

...1週間では、明確にできませんでした。

 

デジタル沈黙から復活して

外から得られた情報に刺激されて、

わたしは毎日いろいろなことを思っています。

 

4日間のデジタル断食を経て、

いまのわたしに適切と思われる情報量もわかりました。

忙しくなりすぎないよう、楽しく活字とおつきあいしたいと思います。

 

文字を書くこと、情報発信することについては、

まだ、当分、考えながらになりそうですが、

しばらくは ”以前のわたし” に伝えたくて書いていくことになるのかな。

いまは、もう大丈夫だよって。

 

じぶんにあれこれダメ出しする「ひとり反省会」することもあるけれど、

楽しい発見もあり、おおむね、穏やかな日々を過ごせています。

精霊見えても、聞こえない声聞いてても、居場所ができたよ。

もう、大丈夫だよ。

 

これからも、よろしくお願いします。

 

☆くはぁ~(あくび) めざめた。

目覚めたあくび猫