vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

年明けの出勤

あけましておめでとうございます。

 

年明け、今日から出勤だった方も多かったと思います。

2017年、初出勤。おつかれさまでした。

 

「初出勤」とニュースで聞いて、

自分が復職したころのことを思い出しました。

 

〇年前。

うつにて休職の後に復職したとき。

毎日が、とにかくしんどかったです。

 

久々の仕事への不安。

以前と同じように動かない自分の体へのいら立ち。

ありとあらゆる負の感情と、

なんとか、日々を「普通に」過ごしたい。

といった思いの中で、妙に前向きな頑張りがあって。

 

不の感情によるブレーキ。

妙に前向きな気持ちのアクセルが同時に踏まれてるような感覚。

 

時短勤務で9時-15時の復職でしたが、

深夜残業をした時くらい、あるいはそれ以上に疲れてました。

じぶんエネルギーのアクセルとブレーキと。

同時に踏んでるのですから、疲れることは仕方のないことです。

 

「いまは、決められた時間に出社して、

 決められた時間いっぱい、じぶんのデスクの前に座ること。

 そこに、確実にいることが、今のあなたの仕事。」

 

いずれ、体も心も、慣れてゆきます。

確実に出社し、決められたデスク前にいることができるようになること。

まずは、そこからのスタートです。

 

復職はじめは、つい、はりきりすぎます。

だから、努めて。はじめは、ぼちぼち、ゆっくり。

まずは、会社にいたころの感覚を思い出すところから。

 

からだがいける(大丈夫)と思えるようになったら、

少しずつ、自分の感覚を取り戻し、

仕事の質も量も、とりもどすことができます。

 

でも、仕事への取り組み方は

休職前とは変えられるように、自分なりに工夫が必要かもしれませんね。

じぶんの心の癖は、気づいておいて、早めに休める工夫が必要かもしれませんね。

 

そのあたりは、会社に出社っできるようになってから。

これから少しずつ考えて、変えていきましょう。

 

まずは、正月明けの出勤、がんばりました。

あしたも頑張れますように。