VIVERE

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

形づくること

10月最後の日です。

ひさびさの夢見でことばがやってきました。

...

形あるもののすべてが、ここに「在る」わけでなく

形ないものの中にも、存在を持つものがある。

 いま、形のないものは、存在を現せ。

...

ということでした。

 

これまで、じぶんの内や持ち物を通して表現すべき自分の形。

「本当の気持ち」「わたしの感情」を探してきました。

それらを探しているだけでは、存在は現れません。

 

他の人からも「あきらか」であるように、

 表現の内容が不十分であるとじぶんでは感じるとしても

表現し続けていくこと。

 

それが、「存在を現す」ということです。

 

 

まずは、形から。

 形にし続けていくこと。

形を現すことを日々の習慣にすること。

 

手帳におく、ちょっとしたメモ書き。

ふと気になったことのかきつけ。

それを外の世界へ表していくこと。

 

...それが、この先のじぶんの世界を豊かにする「はじまり」なのです。