VIVERE

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

食べることを通して自分を意識する

本日、勤労感謝の日新嘗祭(にいなめさい)の日でした。

新嘗祭とは?
収穫祭にあたるもので、
本年の実りを神様におそなえし、その恵みを感謝する日。
宮中祭祀のおまつりのひとつ。

神様にお供えしたものは、そのあと、調理して祭りの参加者で分け合って食べ、
その行為を直会(なおらい)といいます。
参考リンク:直会(なおらい) ”神社本庁HP 直会について"

神様と人とで、ひとつのものを食べることで、
神様のめぐみを、ヒトの体に取り入れることができると考えての行為。


今日は神社の新嘗祭を見学させていただいたのち、
ご縁あって直会に同席させていただきました。

新嘗祭の儀式のなかで、かみさまにささげられたコメの一部を炊き、
おにぎりにしたものを分けていただきました。

ことしのおこめも、おいしくいただけること。
天の動き、地の動き、ひとの動き、肉の器(からだ)の動きに感謝しております。

f:id:vivere_carpediem:20180204103120j:plain



食べること。
その行為は命をつなぐものであると同時に、たましいを喜ばせるためのものでもあります。

自分へのごほうび、として食べること。

じぶんの楽しみのために食べることも、ひとのたましいにとって必要なこと。
でも、
目に見えないものの力を受け取るための、厳粛な儀式としての食べることについても、
意識して過ごしてみてはいかがでしょう?

食べること。たべものをいただく。ということは、
ほかの命を自らのからだに引き継ぐことであり、
目に見えないもの(かみさま)の力を体に受け取ること。

じぶんのからだの中には、食事をとるごとにかみさまの力が入ってきている。
だから、
じぶんのからだをつくる細胞、エネルギーのなかにかみさまが入っている。

じぶんのからだは、自分自身のものであると同時に
かみさまから借りている器(うつわ)でもあります。


じぶんのからだを「大切に」「丁寧に」取り扱うこと。
  少し、意識してみませんか?

 

 

 

 修正:2018年2月4日;複数持っていたblogをVIVERE[ここ]に統合させました。記事更新日は引越し前と同日としています