VIVERE

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

「求める」には強い想いを

 「求めよ、さらば与えられん

これは、願い続ければ、願いはかないます。といった意味で

引き寄せの法則を補足する説明のときに見かけることが増えたことば。

もともとは、聖書にあることばの一部です(文語訳;マタイによる福音書 第7章7節)。  

先日、お目にかかった聖職者さんとのお話で

「求めよ、さらば与えられん」のことばの意味が、

聖書の中で使われていることばと比べて、さらっとしたことばに聞こえてしまいますね。とお聞きしました。

聖書のなかで用いられている「求めよ」とは、もっと切実であり、より強く激しい思い。

 

聖書で使われている「求めよ、さらば与えられん」は、状況で例えるならばこんなイメージ。

とある古代都市の門の前に、閉門された時間直後に到着し、

 今すぐ、この門を開けてもらって古代都市の中に入れなければ、

 今晩の内にも夜盗に襲われて命がなくなってしまう。

 

 だから、必死になって「入れてください」と門をたたく。

  たたき壊さんばかりの激しい勢いをもって、何度でも。

  繰り返し繰り返し門をたたく。

 

 求め続けなければ、いのちがなくなってしまう。

 強く門をたたき続けなければ、分厚い壁に隔たれてその声が届かない。

 いのちをかけた、必死の求め

 

そのくらいの必死さ、激しさでの求め。

しつこいと思えるくらいに何度でも、切々と求め続けているのです。

 

 

願いをはっきりとさせ、その成就を望めば

引き寄せの法則によって、願いはかないます。

願いの成就を「求める」思いの強さは、どれほど真剣でしょうか。

 

願いは、はっきりと明確に。具体的に。

そして、

何度も続けて繰り返し求めること、

激しく強く求め続けること

 

そうすることで願いの成就は加速されるのです。

さて。
あなたのもつ願いは、
 具体的で明確な願いとなっていますか?
 繰り返し、願い続けていますか?
 強い意志をもって願っていますか?

 

...わたし自身も、願いを求めることについて改めて考えてます。

それほど、強い想いで願っているか。

 

強い想いを持つ以上は、じぶんのその願いにかなり具体性を持たせて、

じぶんも行動をしながら成就をまつようにしたいです。

 

 

おわりに、聖書より言葉を引用しておきます。

求めよ、そうすれば、与えられるでしょう。

捜せ、そうすれば、見出すであろう。

門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるだろう。

すべて求める者は得、捜すものは見いだし、

門をたたく者は開けてもらえるからである。

 ~引用「聖書 口語訳」 マタイによる福音書 第7章7節8節

 

 

 修正:2018年2月4日;複数持っていたblogをVIVERE[ここ]に統合させました。記事更新日は引越し前と同日としています