vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

こころを抱きしめる(大切に扱う)

悲しい、つらい。その気持ちがあるとき。

はやくげんきになりたくて、楽しくいようとこころがけることもある。

けれども、どうしても「悲しい、つらい」気持ちから抜け出せないとき。自分で納得がいくまで「悲しい、つらい」気持ちを抱きしめていくことが、じぶんのげんきを取り戻せる秘訣かもしれないと思います。

 

あなた自身ではない、だれかが悲しい気持ちに苦しんでいるとき。

そのひとのそばにいて、いつか「自分で悲しみの中から立ち上がることができる」ことを信じてあげること。それも、援助のかたちのひとつなのではないでしょうか。

 

わたしの体験から

※ここでは流産の体験を書いてあります。読むのはちょっと無理。って思う方は、次の見出し「こころを抱きしめる(大切に扱う)時間を持つということ」から読んでいただいても、話はつながります。

不妊治療中に流産の経験も数度した。
生れ出るまでに至らず、まだ法律的に「人」となるより前(12週未満)のいのち。
確かにそこにいるとわかったのに、生まれる日も知ったのに。

どうして、いなくなったのか?

自分の過ごし方のせいで会えなかったのか。なぜ?なぜ?

自分を責めること、いなくなってしまった子にかける執着のような思い。

 

自分はまだ産んでない。産んだ後に子供を亡くしたわけではない…だから、これほど悲しむ・苦しむ資格がない。

もっと週数が進んでから流れたわけではなく、まだ12週に足りない。だから、これは自然淘汰。生物学上、仕方のないこと。…だから、これほど悲しく苦しい気持ちを持つ資格はわたしにはない。

そんな思いにまみれて、なんだかぐじゃぐじゃになった時もあった。そして、そのぐじゃぐじゃした気持ちを抱えきれず、仕事に没頭していました。

そして、仕事にひと段落つくたびに、苦しみがまた浮かび上がってきてしまい、ぐじゃぐじゃな思いを持て余し、とても不安定な状態もありました。

そのとき、友人がかけてくれたことばがうれしかったです。

「あなたの悲しみの感情は、確かにそこにある。悲しんでもよい資格があるかどうか、ではなく。その悲しみを抱きしめて、悲しめるだけ悲しむことが先なんじゃない?」

 

そのことばのおかげで、少しずつ悲しい気持ちと折り合いがつくようになりました。そのときに泣けるだけ泣いて。そのあとも、時折、また思い出したように悲しんで泣いて。

悲しんで泣くことを繰り返すうちに、少しずつこころのなかに、その悲しみの置き場ができてきました。「悲しみ」は確かにそこにあるのですが、その気持ちの置き場が決まると、「もう大丈夫だ」と思えるようになりました。

 

わたしがその時聞いていた音楽が Lascia ch'io pianga(私を泣かせてください)。
涙ながるるままに と訳されることもある歌です。

Lascia ch'io pianga - Sonya Yoncheva - YouTube

以前は、これを聞くと悲しみを思い出して苦しくなっていたのですが、いまは、「悲しみ」がちくんとこころの中で動きますが、穏やかに聞くことができるようになりました。

 

こころを抱きしめる(大切に扱う)時間を持つということ

ネガティブだといわれる感情(悲しみなど)をなかったことにして、仕事や日常の忙しさに埋めていってしまうと、その傷は根深くなっていくように感じます。

だからこそ、ネガティブだといわれる感情(悲しみなど)を、じっと抱きしめ大切に感じる時間を大切にしたいと、思えるようになりました。

音楽を聴いたり、きれいな景色を眺めたりするなかで、じぶんのこころを抱きしめていく時間をとることで、ネガティブだといわれる感情(悲しみなど)も自分の中に落ち着き先を作っていけます。

 

ネガティブだといわれる感情(悲しみなど)を抱きしめることがつらいとき

自分以外の人に話すことで少し、思いが整理されることもあります。話すことは、思いを「放す」ことにもつながります。

あなたのネガティブだといわれる感情(悲しみなど)や体験を話してもいいかな、とあなたが思うことのできる、信頼できる家族や知人、カウンセラーなどを相手に、お話ししてみてはいかがでしょう。

 

あなたの感情は、あなた自身であり、あなたの魂(人生)の彩です。

大切に大切に。大事に関わっていきませんか。