VIVERE

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

どくだみ茶を煮だしています

魔女のように、ぐつぐつと煮だしているのはどくだみ茶。
「あせもやにきびなど、皮膚の炎症やぶつぶつによく効く」野草茶です。

どくだみ茶をおうちで

飲みかた

煮だした液を、コップに1杯ずつ。一日3回。
食事をする30分前くらい(おなかがからっぽのとき)に飲みます。

作り方

煮だすのは、一日分ずつ。
 置いたままにしておくと薬効が抜けるらしい。


ひとりぶんは、水500mlにどくだみ葉をかるくひとつかみ。

我が家では、ふたり分をつくっているので、
 水1000mlにどくだみをふたつかみ分。
ティファールのソースパン(20cm)のぎりぎりいっぱい。
 油断すると吹きこぼれそうな量で作っています。

どくだみ茶 煮だす

△ なみなみと入った鍋の中~
 

どくだみ茶の効果は?

祖母が言うには...

夏になると祖母がどくだみ茶を煮だしてくれていました。
そのころは、おくすりでも飲むように時間と量を決めて飲むのではなく、
のどが乾いたらどくだみ茶を飲んでいました。麦茶をのむように。

祖母が言うには、
「あせもや虫刺され、日焼けのあとが、どくだみ茶を飲んでいると治りやすい」とのこと。

 

今、飲んでみて

あせもが出ている範囲はずいぶんと小さくなりました。あとも薄くなってきています。

それは、
 どくだみ茶のおかげなのか、
 暑さが少しやわらいだからなのか。
理由ははっきりとはわかりません。 

どくだみ茶を飲み始めたのは、10日前から。

夫は ひとつき前から2週に一度、皮膚科に通院しているのですが、
「いつもより、少し治りがし早いですね」と先生に声かけられたそうです。
...だとすると、どくだみ茶は 我が家では効いてる?!

 

どくだみ茶をのむことを、今年の暑い間は続けてみようと思っています。 

 

どくだみ茶はどこで買える?

今回は、近所の漢方薬局やさんで買ってきました。
 漢方薬局やさんでは「じゅうやく」の名前で販売されています。

わたしが購入したのはこのタイプ。
枕くらいの大きさの袋に、乾燥したどくだみの葉が刻まれて入っています。
 ふたり分として、およそ20日分ある計算

 

▽ティーバッグにはいっているものは扱いやすいかもしれません
(ごめんなさい、使ったことないので効果や使い勝手がわかりません)

 

ネットでも購入できるようなので、産地もチェックしつつ、ご自宅でも使ってみるのはいかがでしょうか?

 

実家の周辺で花が咲く前のどくだみを5月頃に刈り取って、自宅でどくだみを乾燥させれば 産地も、味わいも確実な(?)どくだみ茶が作れるのでしょうが、
また、それは来年のお楽しみにとっておきます。