VIVERE

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

平らかに在る

春は「動く」とき。

じぶんの内にわきあがってくるモノを確かめることが必要なとき。

 

わきあがるモノの「はじまり」がどこにあるのか??

 じぶんのたましいから反応するものであるか。

 他の基準からつれてこられたものであるか。

それを「正しく」確かめておくこと。

 

わきあがるモノを確かめるには、

清く、澄んだ。

おだやかに、たいらかな。

単純にもみえるようなチを用意すること。

 

 

乱れているチ

雑多なチ

そのなかでは、

わきあがるモノのこまかな様子、型をみることが難しくなる。

 

清く、澄んだ。

おだやかに、たいらかな。

単純にもみえるようなチであればこそ、

わきあがるモノの様子、型は浮かび上がって見える。

 

穏やかに。たいらかに。

ありがたい「日常」に意識を向けること。

それが 単純にもみえるチを作ることになる。

 

~~~以上reading.「さにわ」のお話より。

 

 

周囲の雑多なものを、とぎすまし。

じぶんにあう情報量へとしぼりこんでおく。

 

日々、中庸に。

あたりまえに思える、しずかなしあわせ。

 

たいらかな場に身を置くことで、たましいの声をみつけやすくなる。