VIVERE

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

サクラからきくもの

サクラ。咲く季節。
ちょうど、田植えの用意を始める時期に花咲く花です。

 

サ = 穀物のかみさま

クラ= 神の居る場所。神座。

穀物の神が宿る場としてのサクラ。

 

まだまだ寒い季節、2月だった立春

そこからはじまった霊のめざめの儀式もいよいよ終わりを迎え
とくとくと息づく霊が動き始める季節にサクラが咲く。

 

サクラが咲くから、霊が起きるのか。

霊が起きるから、サクラが咲くのか。

 

 

立春におこなった予祝(よしゅく)。
  ことしも豊かに花開き、実るとしになりますように。
  ことしもしあわせにすごせますように。

 

そのはじまりの風景がサクラ咲く風景につながる。 

f:id:vivere_carpediem:20180401125254j:plain

おひさまのなかで雲のようなサクラ

 

サクラのはなを今年も見に行ってきました。

 

花見は、かみさまと分かち合うための習慣。
直会(なおらい)の習慣にもつうずるものがあります。

これからの喜びを、あらかじめ人のからだのなかに分けてもらう儀式。
これからのしあわせを、あらかじめかみさまと祝う時間。

 

 

ことしは、だれとお花見をしましたか?

 どんな気持ちで花をながめましたか?

 

サクラの下で「ふと」うかんだことばはありましたか?

 

 

大切なひとたちと過ごす、大切なじかん。

あなたの「次」のステージへつながる大切なメッセージ。

ヒントを受け取って、実りの季節へ向かいましょう。