vivere

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

vivere ~生き尽くす~

じぶん自身で生きるために

生活のなかで出会う全ての出来事を はなうた混じりで越えていきたい。

こころも からだも健やかに、ごはんをおいしく食べていたい。

自分であることに胸を張って、
今、この瞬間を 楽しくできるよう過ごしたい。

自分も、自分のまわりにいるひとも、えがおである暮らしをしたい。

 

まるっと自分自身の命を、今日のこの日を。生きると決める。

このことを覚えていられるように、メインのアドレス(屋号になるんだろうか?)をこの言葉に決めた。

"Vivere" 生きる
”carpe diem”  その日を生きる

 

わたしが 自分であることを隠さず、

ゆらいでも軸を見失わず、

自分らしく生きていくとき、

わたしは、わたし自身の命を生きられる。


命おわるその時まで、

胸を張って ”わたし”として生きると決めること。

 

それが、いま地球のこの時代にヒトとして生きることについての務めだと感じる。

 

わたしのとおってきた道、

わたしが興味を持っていること、お伝えできること、

わたしがあなたとご一緒できること。

それらが、あなたの生きる力につながると、わたしは嬉しい。

vivere ~生き尽くす~

vivereとは、ラテン語で「生きる」という意味。

このことばから、

じぶん自身を「生き尽くす、生きると決める」

というメッセージを受け取りました。

生き尽くす

どんな「いのち」であっても、「いのち」に限りはある。

その普遍的な事実は、生活しているその時にはわすれがち。


病気などによって「死」を意識したそのときに、

「いのち」「生きる」ことを、強く実感する。

 

わたしは、「いのち」を生きているだろうか?

まぎれもない「わたしの ”いのち”」を生きているだろうか?

vivere

memento mori,carpe diem(メメント・モリカルペディエム
 ”ひとはいずれ死ぬものだ、いまその時を楽しんで生きよ”

memento vivere(メメント・ウィーウェレ)
 ”生きていることを忘れるな” 

どちらもラテン語の言葉。そのふたつの言葉が、
”あなた自身の命を。その日を、生きると決めよ” と

 強烈に伝えてきていると感じた。

 

 あなたのお役に立つ出来事が、あなたのものへも届きますように☆