VIVERE

素の自分を軽やかに生きることを応援するライフコンサルタントです

からだの感覚と意識

起きているときに、からだが強く感じているのは

物質世界であるこの世界。

 

眠っているときには、起きているときに比べると

 物質世界での情報をからだに感じていると認識することが、ずっと少なくなってくるから、

見えない世界、宇宙、無意識....といったもの(かみさま)とのつながりをからだの中に取り入れやすくなる。

からだは、確かに物質世界に存在しているのだけれども、

”じぶん”という意識(こころや想い)は複数の世界にまたがって同時に存在する。

 無意識層や高次の意識たちと向きあったり溶け込んだり...

それが、眠っているときに じぶんのからだを取り巻く場で起こっていること。

 

 

 

表はいつも裏と共に存在している。

 表だけを取り出すことはできず、

 裏だけを取り出すこともできない。

 

同じように、

この物質世界はいつも、見えない世界と共に存在している。

 

からだが目覚めている時間帯には ”物質世界”を多く感じてきているから

からだが眠る時間帯には ”見えない世界”を多く感じ取ることで

からだの記憶は、表裏のバランスを保っている。

 

 

からだの記憶のバランスがとれているとき、

ひとの軸(コア)は定まりやすくなる。

 なにか、心うごく出来事によって、その軸がぶれるようなときにも

 軸(コア)へ戻ろうとする力がはたらき、比較的はやく軸(コア)に戻ることができる。

 

からだの中に流れているときの記憶を、ゆるやかに等しく流し続けること。

それが、宇宙へとつながっていく秘訣。

そのためにも、

からだの記憶のバランスを保てるよう、気を付けて生きたい。

 

今夜は、どんな世界と会えるのだろうか?

そのときの記憶、夢見はのこるのだろうか?

 

あすの目覚めが楽しみです。

 

 

 修正:2018年2月4日;複数持っていたblogをVIVERE[ここ]に統合させました。記事更新日は引越し前と同日としています